乳がんの早期発見のコツ

乳がんの早期発見のコツ

乳がん発症率が上がってくる30代を過ぎたら
自身の健康維持のためにできることなら毎月1回は
セルフ乳がんチェックをすることが乳がん早期発見のコツになります。

 

セルフチェックを行う時期は生理終了後の1週間程度が目安です。
その時期であれば乳房が柔らかいのでセルフチェックした際に異常を見つけやすいです。

 

乳がんセルフチェックのやり方としては、
まず全体を少しずつ指で触れて押してみて、
しこりがあったり、異物感がないかを確認します。

 

次に鏡で見てみて、左右の大きさに違いがないか、
いびつな感じがしないかもチェックポイントです。

 

へこんでいる部分があったりするケースもありますし、
乳頭から分泌物が出てくる場合も異常がある可能性があります。

 

少しでもいつもと違っているところを発見したら
すぐに病院へ行きましょう。